服装はその人の思考に影響を与えている事実

「人は制服通りの人間になる」
この言葉は、ナポレオンの言葉です。

このコロナでリモートワークが増えた方、お家で過ごす方がぐんと増えたと思います。

ついつい家だし、zoomじゃない限り見た目誰にも見られないし、部屋着でいいや~、マスクしてるからメイクもいいや~、って楽なほう、楽なほうへ流されやすくなります。これは人間の特性として当然の心理なのですがこれに甘んじているとどうなるか?

まず、老けます。体重が増えます。表情に覇気がなくなり思考停止状態の出来がりです。
ナポレオンの言葉にもある通り、人間の思考を支配している一つは「服装」。

また実際、服装は人の思考を支配する実験も存在しています。
コロンビアビジネススクールのアダム・ガリンスキー博士が提唱している理論「着衣の認知」(Enclothed Congnition)というのがあり、

人は、着られている服やそのイメージによって、着ている人自身の行動や思考も変化する。

実験の内容では、参加者に「白衣」を着用させると、着ていない時に比べて集中力が高まり、課題を注意深く行うという結果が得られました。「白衣」には、医者、賢さ、頭の良さなどのシンボル的意味合いがイメージとして根付いており、白衣を身にまとうことで無意識に行動に影響を及ぼしたと考えられているそうです。

そして。実際に着用することで影響がさらに強くなるという結果も出ているという内容です。

いつもいつもは難しいかもしれないけれど、この意識が習慣化されれば少なくとも自分のなりたい姿に近づけることは確かなようですよね^^

リモートで服装が一気にだらけてしまってるかも!と思い当たる方は、ぜひ気分が上がる服装に着替えてみてはいかがでしょうか。
実際、私も家でお仕事する日も、だれにも会わない日であっても着替えています。家でのお仕事は楽ですが何か切り替えるきっかけがないとどんどん老けていく一方な気がして(笑)

カジュアルなコーデであってもどこか1点、ピシッとなれるものがあるといいですね^^

また着る服装はお家であれば「自分のために」似合う服を着せてあげたいですよね♡

お仕事にも集中力もアップするはず。

服はどう見られたいか、だけじゃありません。洋服を着るあなた自身がハッピーで、生き生きとできたら自然と周りにも影響を与えることになり、結果みんなハッピーになれる♡

単純かもしれませんが、洋服の影響はとても大きいことだけは確かです。

4日からの伊勢丹新宿での廣瀬による顔タイプ診断でお申し込みされている方はぜひ楽しみにしててくださいね^^

 

9月度小さいサイズオンラインサロン2名様まで承ります

詳細は↓のオンラインサロンをクリック♪

私はどこに気を付けて選んだらいい?自己診断で本当に当てはまってるのか!?これ果たして似合ってると言えるのか!?おススメの店員さんは?オンラインサロンでいろいろなアイテムの似合わせ相談、コーデ相談もできます^^

ご興味ある方はこちらも

顔タイプ診断カウンセリングメニュー

あなたに「似合う」アイテム情報・コーディネート相談 オンラインサロン

Follow: