どっちの要素を入れる?骨格ストレート&顔タイプフェミニンさんのコーデ例

今日は、骨格ストレート&顔タイプフェミニンさんのコーデ例紹介です。前の記事でも同じ骨格ストレートとフェミニンのコーデ例紹介をしました。こちらの記事です。

骨格ストレートと、顔タイプフェミニンってイメージが背反するように感じて混乱してしまいがち。
骨格ストレートのイメージは直線が多くてシンプル、
顔タイプフェミニンは曲線が多くて華やかなテイスト

一体どうしたらいいのか悩みますね(笑)

この場合バランスをキレイに見せる骨格の要素を軸に考えてみます。

デコルテラインを見せてスッキリと。→骨格ストレート要素
ヒップや腰の位置が高めなのでハイウエストよりジャストの腰位置で→ストレート要素
女性らしい柔らかさを感じるとろみシャツやボウタイシャツ→顔タイプフェミニン要素

身長148㎝のMさん。骨格ストレートとハッキリわかっているのでストレート要素も活かします。
まず一枚目と二枚目のコーディネート比較をみると、

上下シンプルなトップスとハイウエストのスカートを着てみると、トップスがラインぴったりすぎてちょっと苦しそうに見えます。(上下:m.i.d)

二枚目は、お肌ピッタリではなくつかず離れず、でも女性らしいとろみシャツに前だけインして縦線強調するパンツと組み合わせたら、こちらの方がなじんでいますね^^(上下:組曲)

ではブランドは!?曲線多めで華やかな雰囲気のブランドのアイテムの中で骨格ストレート要素が入っているアイテムを見つけるというのも一つの方法です^^

骨格ストレート&顔タイプフェミニンさんは、参考にしてみてくださいね!

ご興味ある方はこちらも

顔タイプ・カウンセリング・メニュー

顔タイプ・コーディネートレッスン・メニュー

Follow: